スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御殿場カルチャーファーム(乗馬菜園牧場)での馬の整体 

最近、目指せハッピー・ホースセラピストの活動として「馬の整体」にも力を入れています。

ご縁があって、僕の知り合いのいる、静岡県の「御殿場カルチャーファーム(乗馬菜園牧場)」というところで馬の整体をさせて頂いていいます。

あ、僕が整体をするのではなく、僕の整体の先生が馬の整体をするので、そのお手伝いで一緒に行動をしています。

御殿場カルチャーファームでは定期的に月1回程度。
ホースセラピーや馬場のレッスン、外乗などで使われる働き者の馬が数頭いて、
その馬のメンテナンスを先生のアメイジング・セラピーという人間にも使っている整体法で行っています。

アメイジング・セラピーってほとんどの方が聞いたことがないので、
僕は先生が馬の整体をする時に

・どんなことをするのか?
・どんな理由でやるのか?

先生のサポート役として解説をしたり、
はたまた、整体をするもっと前に

「こんな先生がいて、こんな馬の整体をしています。」
「かくかく、しかじかで・・こんな風になります」


説明をしたり、日程を調整したり、
ま、早い話が、コーディネイトのお手伝いをしたりもしています。



ホントは、自分で、そのアメイジング・セラピーを使って馬の整体ができるのが一番なんですが、
僕としては、馬のことを考えるのであれば

一番の早道であれば、「できる人にやってもらう」。

アメイジング・セラピーは、馬の場合、ものすごくやるのが難しいので
自分で習得するのに何年も時間を要するなら、
「先生にお願いしてやってもらおう」

先生の馬の整体を通して、
「たくさんの馬が健康になる→馬に乗る人の健康にも役立つ」

そんな風に思いました。


ちなみに、アメイジング・セラピー(馬の整体版)を見てもらう方、皆さんに話しますが、
先生の整体は、他の馬の整体やマッサージと違って、馬の骨格が変わり、

・馬の鞍が合わなくなったり
・馬具が合わなくなったり
・すぐに削蹄が必要になるぐらい、蹄の角度が変わったり

ビックリするぐらい、目で変化が分かるぐらい変わってしまいます!


御殿場カルチャーファームの皆さんも、
一度見て頂いて、
その効果にビックリされて月1回馬のメンテナンスをお願いするという流れになりました。

最近は大井競馬所属の競走馬を整体したり、
現役の競走馬の整体もするようになってきました。

そういう意味で、6月には大井競馬場で先生の整体を披露する場も出来そうで、
これからがすごく楽しみ^^

今後もこのブログですこ~しづつ紹介していきます(^^♪

スポンサーサイト

出張マッサージin千葉 

台風が向かってくる中、昨日は片道2時間かけて原付で成田方面へ、知り合いの愛馬を励ましに行きました!

今回は人ではなく馬。

実は行ったついでにご好意で練習&昔からの知り合いだった彼女(馬)に元気になってもらうべくマッサージをさせて頂いたのでした^^

マッサージをしていると、なんとなく肩の辺りが気になって、そこを集中的にマッサージ。
少したつと気持ち良さそうに口元が緩んできたので

「しめしめ」

と思いながらも、彼女がとても気持ち良さそうにしているのをみて凄く嬉しくなりました(^^)

ヒーリングマッサージと指針整体の合わせ技!!

今度機会があればもっと他の馬にもやってあげたいなと思います^^

馬のマッサージ関連の本など 

以前馬の整体の話で関連書籍を紹介しましたが今回はHPも合わせてまとめてみたので良かったら活用してください!

また、現在公開中の映画「三本木農業高校 馬術部」にて、
モデルとなった役を演じる黒谷友香さんのマッサージ指導を山縣さんが自ら行いました。
現時点で映像化されているヒーリング・マッサージの映像はこれだけだそうです。
もしよかったらご覧になって下さい!

◎馬マッサージ関連の本

・馬の理学療法とマッサージ
・テリントンタッチ
・中国獣医鍼灸図譜
・馬の解剖アトラス
・馬の解剖
・馬のスポーツ医学
・マッサージ台のセイウチ



◎関連HP

・日本ウマ科ヒーリング・マッサージ協会
 http://www13.plala.or.jp/horse-massage/

・Tres ホースマッサージ
 http://www.tres-horsemassage.hello-net.info/12/index.html

相手も自分も楽に 

この間母校である整体スクールに久しぶりに顔を出してきました!

僕のスクールでは指針という物を教えていて、パキパキしない、手の指を使って、引く事で全身の経絡に刺激を入れ、筋肉を緩めていくという手技を使っています。
揉んだり押したりしないので「揉み返し」が少なく、馬にも優しくとても使えると思い、この学校に入学しました!

その日の授業は症例別で「肩こり」についての講義でしたが、授業が終わってから練習熱心な生徒さんは残って指針の練習をしていたので、僕も実験台になるつもりでお手伝いさせていただきました。(もちろんやられる側(笑)

僕の相手の方はまだ入ってそんなに経っていないようでしたが、とても筋が良く、終わった後にはすごく体が楽になっていました^^

だけど終わった後の相手の方を見るとすごく疲れている(実際途中すぐに気づいていました)。

余計な力が抜けていなかったようです。

実際、施術者は患者さんも含め施術後は楽になってなくてはならないと、僕は思っているのですが、やはり緊張したりしていて、体が硬くなっていると相手にも伝わってしまうので、出来るだけリラックスしてやるのがいいというのが僕の考えです。

馬に乗る時にライダーが緊張していると、馬が緊張してしまうのと一緒で、こういった関連の仕事をしている人たちはそういう考えを持っているかどうか、僕はいつも考えます。

だから馬にマッサージをする時も自分がリラックスして、そして馬もリラックスできるようにならないといけないと思います。

最初はどうしても一生懸命にやってしまいますが、マッサージして、自分が疲れてしまっては、もしかしたら馬は喜ばないかもしれません。(あんまりそういう馬はいないかもしれませんが^^;)

やっぱりお互い楽になったほうがいいですよね!?^^
相手も自分も楽にどんどんなれるように頑張って行きたいと思います。

馬の整体?? 

この間の障害者乗馬会に参加した時のこと。

今年馬のマッサージ講習会に行った時の話やホースケアセミナーに行った時の話をしたのですが、みんな以外にも知らなくて、

「馬の整体なんてあるの??」

なんて聞かれてしまいました。(^^;

アメリカでは馬のマッサージ・整体・指圧等馬に関する学校が専門分野ごとに分かれていて、大学にもホースビジネスの分野があるぐらいです。

正直たくさんありすぎてわからない。。
それだけたくさんあります!

日本の馬の獣医さんは一人で何でも見ますが、海外には歯医者さんを初め、馬の眼を見る専門の人やその他の体の部分を専門的に見る人、それぞれ細分化されています。

本や雑誌もたくさん出ていてそこからたくさんの情報を得ることが出来るんですね~^^

日本には数は少ないですが、マッサージ関連の本として何冊か出ているので参考にしてみると良いと思います。

・馬の理学療法とマッサージ
・テリントンタッチ
・中国獣医鍼灸図譜
・馬の解剖アトラス
・馬の解剖

他にも乗馬ライフの特集や講習会にて学ぶことが出来ます!
英語が読める方はアマゾンのホームページからたくさんの本を検索する事ができますし、僕が読み始めた雑誌「EQUUS」なんかも専門的なことが載っているので勉強にはいいかもしれません。

実は雑誌に書かれている英語のほうはさっぱりなんですが、これからちょっとずつ読んでいきたいと思っています。

やりたい事がたくさん・・・!(><)
頑張ります(^^)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。