スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーブと道草? 

だいぶ間が空いてしまいました><
立ち上げたばかりで気合を入れていたのもつかの間・・・人生の道草を食ってばかりで更新ができなくなってしまいました。。
この間講習会に行った時の話しを忘れないうちに・・・!?

さてさて、ハーブのお話です。
馬にハーブ?って疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、人間と同様にハーブの効果は犬や馬には非常に効果があり、近年注目されてきています。
海外ではメディカルハーバリストという職業があり、メディカルハーバリストとして働くためには5年ほど学校に通わなければならず、医者並みの知識が必要とされます。
これは人間に対してだけですが、それだけ認知されていて効果があるものだということになります。

たとえば有名なものとしてはアスピリンが有名で、実はこれは草からエキスを抽出しているそうです。
シモツケ草という草でこの草は胃の保護の為にも使われるそうです。
またバレリアンという植物は鎮静効果があり、一部の外国ではドーピング剤の一種として馬の競技への使用を禁止されています。
モンクスペッパーはホルモンの調整作用があり馬ッ気のある馬に効果的でこれを飼いに混ぜるといくらか落ち着いたりするそうです。
人間用でも女性の更年期障害に使われるチェストツリーがあります。

他にも身近なところで自分達の生活に取り入れられているそうです。

海外では仲の良い馬(厩舎が隣同士の馬)が1頭売られてしまって、取り残されてショックを受けている馬にハーブをあげたり、高齢馬に対して体をやわらかくする為にハーブをあげたり・・・消化器系・呼吸器系トラブル、アレルギー、筋肉疲労回復、関節の痛み・リウマチ、病気になりにくい体質を作ったり、精神的ストレス・神経過敏・問題行動の改善をしたり・・・

すごいですね!?

今まで知らなかっただけで、正直驚きました!
もっと見直さないといけないですね(><)

あとは、そうそう!
ラベンダーは腰痛に効果があるそうなのでマッサージと併用するとよいみたいです!
ニンニクとかタンポポもハーブの一種で意外と身近にある物がメディカルハーブとして使われてたりします。
意外と馬も勝手に草を食べている時に知らないで自分の体に合わせた草を選んで食べているのかもしれないですね!?

だから道草は食ってヨシ!
道草は大事ですね~(^^)
人生に無駄ナシ!(笑)

スポンサーサイト

メディカルハーブ 

今日はFRC(フリーダムライディングクラブ)の定例会に行ってきました。
今日はホリスティック・アニマルケアセミナーの第3回目。
「ハーブの魅力」と題し、ヒルトンハーブ日本代表の田中 美奈子さんを講師に招いて馬の為のハーバルケアについての話でした。

イギリスやアメリカにはメディカル・ハーバリストという職業があるそうです。
メディカルハーブは基本的には人間に使のですが、犬や馬にも同じ効果が得られるそうです。
とても効果が高く自分達の身の回りでもいろいろ使われています。
自分でも将来どんどん取り入れていくつもりです。

植物の力はすごいですね!?
詳しくはまた次に書きたいと思います。

リカバリーエマージェンシースプレーがオススメ!?らしいです!
人間にも効果があってちょっと不穏な時に良いみたいですね。

http://www.hiltonherbs.jp/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。