スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乗馬療法のヒント 

障害児・者の乗馬の時の有効な手段について、簡単にですがまとめてみました。
ボランティアする上で何かのヒントになってくれると思います^^


まずは乗る前に、


準備運動をします。
体をさすったり、ジャンプしたり、体の緊張をほぐします。
そしてできる限り騎乗者に手入れと馬装をしてもらいます。
全てやってあげるのではなく、本人たちの為に時間はかかっても、やってもらう事が大切です。
馬に乗る前には馬装をする。
そうやって規則性を設け、本人たちが自主的に馬装するようにします。
馬体名称クイズや道具の名前クイズなどゲーム的な要素をを取り入れ楽しくやる事が大切です。
そうすることによって、体にさまざまな刺激を与え乗馬+αの効果を生みます。

馬にのる準備段階としてバランスボールを使ってバランスをとる練習も効果的です。
怪我のないように楽しくやります。


それではいよいよ馬に乗って出発です。


まずは挨拶をします。
リーダーやサイドリーダーも一緒になって挨拶をします。
その子の社会性を育てるのにとても重要です。

抵抗がなければまずは鐙を外して乗るといいかもしれません。
できるなら子供の好きな音楽をかけ、馬のリズムに合わせ、子供と一緒に歌います。
できたら騎乗者に馬の肩を触ってもらいます。
サイドリーダーが音楽のリズムに合わせ騎乗者の手を押してあげます。(圧迫刺激)
馬上体操を取り入れながら、馬のお尻に触ったり、肩に触ったりします。
声だけで指示するのではなく、実際サイドリーダーが騎乗者の手をリードしたりして刺激を与える事が大切です。
そうすることで固有核刺激を与えます。
整形外科的に手と口は同時に発達するので、馬に乗ってる時以外で、グミなんかを与えると良いそうです。


その他にも目をつぶって乗ってもらったり、後ろ向きで乗ってもらったり、ジャンケンをしたり、ゲーム的な要素を取り入れ楽しく馬に乗ります。

馬に乗りながらボールやぬいぐるみを持ってもらうのもいいかもしれません。
そうすることで腹筋を鍛えることができます。

慣れてきたら、歩度を伸ばし馬を元気良く歩かせます。
必要があればサイドリーダーが騎乗者の太もも、もしくは背中に手を置いてあげると安心します。
危険防止にもつながります。

輪乗りや、スラロープ、輪投げなんかも取り入れるといいと思います。


そして


馬に乗り終わったらまたきちんと挨拶をします。
もちろん馬装解除も本人達の手でやってもらいます。

これを日常化する事が大切です。
一連の流れの中で重要なのはできる限り楽しくやること。


「子供が主体」だということです。


子供が嫌がるなら馬に乗らなくてもいいと思います。
誰しも最初から乗れるとは限りません。
まずは馬に触ることから始めます。
あせらずとゆっくり暖かい目で見守りましょう。

少しずつ続けることが大事です。



いかがでしょうか??
その馬に乗る環境によって全部が全部出来るとは限りませんが、こういった事は大事です!
出来たらやってみて下さい^^

スポンサーサイト

波・・・ 

みなさんは波を信じますか?

波って人生の波です。

いいことがあった後は必ず波があって、悪い事もある。
1日の中や1週間、1ヶ月やその年の波や流れがある。

正負の法則とでも言うんでしょうか?

ほへと数秘というものがあって誕生日から自分の性格やその年の波動がどんなものかを占ってくれます。

これがけっこう当たってるんです!

他の人にもやってもらったけどかなりの確立で当たってる。
もちろん全部ではないけど、当たってない部分は受け入れたくなかったり、そうだけど自分が気づいてなかったりする部分もあるのかなーとも思いました。

すごいです!
ズバズバ突き刺された感じでした!!

一度試してみてください!

アレクサンダーのクラス 

今日は久しぶりのAT(アレクサンダーテクニック)のクラス(授業)でした!

午前中はいつもの太極拳の練習で公園の広場を使っての練習でした!
今日はものすごいいい天気
ポカポカ陽気でとっても眠くなりそうな中やりました^^
今すぐにでも昼寝したい気分でしたが、ま~そうはいかない。
まずは3分の1から始めました。

いつも全体の3分の1から始めます。
僕もまだ習いたてで全部できないし、ちょうど良いのですが、この3分の1を最初に何回かやるとその日の調子が分かります。

ただ太極拳をするのではなく、自分の体を感じながら、体の細かい所まで意識して動いていきます。
骨盤の感じや大腿骨の感じ、指や首の感じ、余計な力が入っていないか、きちんと体重移動が出来ているか、眼や足の位置はどうか、イメージを使ったりしながら、同時にいっぺんにそれらを感じながら動いていきます。

最初は型や動きを覚えるので精一杯でしたが、徐々に慣れてきて少しずついろんな所を同時に感じながら出来るようになってきました。

最近までは右足を前に出して右と左、7:3の割合で立った時に右足の付け根(大腿筋膜張筋もしくは大腿四頭筋)がすごい突っ張ったような感じで、それをリリース(開放)できずにいて、長年の生活習慣、歩き方や体の癖からそれを手放すのに時間がけっこうかかると思っていました。

去年の9月に入学しこれまで約半年。月にだいたい2、3回の割合で授業があるのですが、以前から個人的にそれよりもさらに半年前から太極拳のクラスだけは受けていました。
今日は久しぶりのAT(アレクサンダーテクニック)のクラス(授業)でした!

午前中はいつもの太極拳の練習で公園の広場を使っての練習でした!
今日はものすごいいい天気
ポカポカ陽気でとっても眠くなりそうな中やりました^^
今すぐにでも昼寝したい気分でしたが、ま~そうはいかない。
まずは3分の1から始めました。

いつも全体の3分の1から始めます。
僕もまだ習いたてで全部できないし、ちょうど良いのですが、この3分の1を最初に何回かやるとその日の調子が分かります。

ただ太極拳をするのではなく、自分の体を感じながら、体の細かい所まで意識して動いていきます。
骨盤の感じや大腿骨の感じ、指や首の感じ、余計な力が入っていないか、きちんと体重移動が出来ているか、眼や足の位置はどうか、イメージを使ったりしながら、同時にいっぺんにそれらを感じながら動いていきます。

最初は型や動きを覚えるので精一杯でしたが、徐々に慣れてきて少しずついろんな所を同時に感じながら出来るようになってきました。

最近までは右足を前に出して右と左、7:3の割合で立った時に右足の付け根(大腿筋膜張筋もしくは大腿四頭筋)がすごい突っ張ったような感じで、それをリリース(開放)できずにいて、長年の生活習慣、歩き方や体の癖からそれを手放すのに時間がけっこうかかると思っていました。

去年の9月に入学しこれまで約半年。月にだいたい2、3回の割合で授業があるのですが、以前から個人的にそれよりもさらに半年前から太極拳のクラスだけは受けていました。
卒業して先生になって教えられるようになるまで最低4年の月日を要し、それまでにその右股関節の緊張がリリースできればいいなーと思っていました。


それがそれが、今日なんとあることをきっかけに楽にしっかり7:3のポジションを取れるようになったんです!!

ビックリしました!

こんなに早く出来るようになるなんて・・・!?


今までいろんな事をやってきて最近特に外側の筋肉よりか内側の筋肉、腸腰筋や骨盤底筋と言ったものが全てに通じると感じていて、ATのワークを受けていて自分の状態が良いときもそれらが自然に連鎖的に働いてるという感じもしていました。

春の陽気も手伝ってか、それらを意識してか分かりませんが、うまく体が機能して今までにないぐらいとてもいい感じになりました!

だいたい良いと思う時は、自然に楽にしていて、だけどぐったりもせずしっかりしている状態です。
力を使っていないわけではないんだけど、無理もしていないでしっかり楽な状態、

まさに今日はそんな感じでした!!

午後のクラスもヘッドーリーディングを考えながら無理なく楽にハンズオンを受ける事が出来ました。

チェアワーク(いすに座った状態でハンズオンを受ける)やライダウン(ベッドに仰向けになってハンズオンを受ける)の時も今までで1、2を争うぐらいに体の状態が良かったです。

肩の辺りにハンズオンを受けていた時、指先から肩を通り腰辺りまでが広がったような感じになって、血がドワッと流れ、腕がピリピリして腕全体が温まってきて、それと同時に首がフワッと浮くような感触がありました。

外国人の先生が来日し始めてレッスンを受けた時も、背中に羽が生えて、雲の上を歩いているかの様に楽に歩けたのですが、それに近い感じがありました!

クラスが終わった後は全身がほぐれ今までの疲れが一気に取れた感じでした!

今日は大収穫の日でした^^




ホースケアセミナー 

体調不良と多忙の為更新が遅くなってしまいました。
アバロン・ヒルサイドファームにて行われたホースケアセミナー概容です。

今回はオーストラリアよりシャロン・メイ=ディヴィス講師を呼んでのセミナーでした。
競走馬の67%があると言われるDOD(発育期骨疾患症)について、主にそれらの診断方法や予防の為のストレッチなど、獣医でもあるシャロンさんから、より専門的な所からの話がありました。

DODは生後2年未満に見られる馬の運動機能を阻害する深刻な骨の疾患で、簡単に言うと成長過程における肩や足、背骨などの骨の発達異常です。
そしてそれらが原因で起こる筋肉や下肢等の問題に対して様々な話がありました。

ちょっと難しい話しですね。

まずは馬の骨格の話から。
馬の骨は205から形成されほぼ人間と同じ。
馬には鎖骨がないと言うこと、馬の蹄は中指の爪が発達したもので実は膝と思っているところは、人間でいう手首にあたり、筋肉がついていない。
馬の鬐甲(きこう)は胸椎の4番目から5番目に辺り、座る所が8番目から10番目にあたるそうです。

雄と雌を見分けるとき雄は犬歯が40で雌が36。
雌のほうは雄より骨盤が広いそうです。

鞍の置く位置は肩甲骨の4cm後ろで第18肋骨より前に置かなくてはならず、障害鞍と馬場鞍の形が違うことから間違った場所に装鞍してしまい、肩甲骨の動きを阻害してるケースがあるという話がありました。

そして成馬全体の9割以上は脊椎と脊椎がくっついてしまう、キッシングスパインという現象が起こっていて、脊椎(=スパイン)同士がキスして、癒着を起こしているそうです。
場合によっては神経を圧迫したりしていて、馬のほとんどは背骨を傷めていて、それらに対するケアーは非常に重要だとおしゃっていました。

その為にもストレッチやマッサージは大事だそうです。
ストレッチに関しては始める前に10分程度引き馬して体を温めてから行い、ただ無理やり引っ張るのではなく、馬の骨格を理解した上で、馬の様子を見ながら行うとの事でした。

この間習ってきた馬のヒーリングマッサージと合わせていろいろできそうだなーと思いました!



その他の話に関しては又機会があったらアップしたいと思います。
他の話は骨格やら筋肉やら病気やらの話でいっぱいでもう専門的すぎて大変です><
もっと勉強しなくちゃ。。

また同じ内容のセミナーがあるそうなので興味のある方は参加されると良いかもしれません。
日本ではなかなか学ぶことの出来ない物です。

セミナーに関してはこちらをチェックしてみて下さい。

馬の図書館 

皆さんは馬の図書館をご存知でしょうか?
渋谷にあるプラザエクウスにある図書館には馬の本がたくさんあります。
僕もよく利用していて、時々行きます。
もう手に入らない本や資料があり、乗馬ライフなどの雑誌のバックナンバーも置いてあって、いつも立ち読みしか出来ない僕にとってはとても嬉しい場所です。
普段は競馬好きなおじさん達がわんさかいるので、女の人は一人で行きにくいかもしれませんが、
きっと素晴らしい本に出会うはず!
勇気を出して行ってみて下さい^^

明日は馬のホースケアセミナーに行ってきます!


勉強会&ピラティス 

月曜日は母校であるてあて整体スクールへ行ってきました!
師匠と師匠の師匠を呼んでの勉強会でした!
また以前とは違った見方で物事が見られるようになったせいもあり、いろんな発見と勉強ができた会でした!
もちろん勉強会が終わった後はいつものように飲みに行き、2度目の勉強会が・・・(笑)
普通じゃ聞けない話とか、たわいのない話とか、こういうのってすごく大事だと思います!

とか言いつつしっかりご飯を食べ帰ってきましたけどね^^
また機会があったら飲み会だけでも参加しようかなと思いました!


その次の日は「整体や三日月」の上田先生の所に整体院「きくや」の伊藤先生を呼んでのピラティスのワークショップでした。

上田先生はダンスの先生でダンスをやってる人はけっこうピラティスをやってる人が多いです。
二人とも既に開業されたスクールの仲間で伊藤先生は卒業した後、ピラティスのトレーナーの資格を取りました。

ピラティスは内側の筋肉を鍛える、簡単に言うと筋トレで、乗馬や他の運動にも通じるところがあるので前々から良いと思っていて、そんな理由から参加してきました。

昨日は骨盤底筋を感じる所から初め、筋肉痛になって足とかがつりそうになるぐらいやりました~!

ピラティスってすごい地味だけどメチャクチャハードです!!

まだ筋肉痛が残っています><

これからも機会があったらまた行きたいなと思いました^^

整体屋しみず 

東海地区の方にお知らせです!

整体スクールの仲間が3月3日、岐阜県可児市に開業しました!

「整体屋しみず」のしみず先生は後輩に当たりますが、
人生では先輩でもありよくお世話になりました!

皆さん宜しくお願いします!


キネシオ 

先週キネシオテーピングセミナーに行って来ました!

中野にあるキネシオテーピング学院で基礎講座を受講しました。
キネシオは良く接骨院などで貼られる肌色のテープでとても手軽にできる効果のあるテープです。
卒業した整体スクールでも何度か授業に出てきていて、その効果は前々から知っていました。
行ったほうがいいよ~って進められていたのですが、機会がなくってズルズルと2年ぐらい経っていましたが、ようやく行く事ができました。

セミナーには関係者が集まり約30人ほど。
医師や看護婦、理学療法士、作業療法士、柔道整復士、整体士・セラピストやその学生などがこのキネシオを学びに来ます。
日本が発祥の地で、今や全世界で使われているとても優れたテープです。

その効果は非常に優れていますが、間違った使い方をすれば、その効果も半減。下手したら逆効果になるようです。

きちんとした効果を出すためにもこの講座を受講するのですが、実に難しかったです。
ただテープを貼るだけなのですが、簡単なものほど難しいというのはこの事だと思いました。

まずテープを貼る前に「見立て」と言って「どこに」「どこからどこまで」張るのかを考えて、テープの長さを切ったり、途中まで半分に切り込みを入れたりしなければならないのですが、これが非常に難しい。

貼り初めの位置なんかももすごく重要なんですが、思った通りにうまく張れない。
僕の場合見たてに関してはいろんなものを見てきているので、分かる部分もあるのですが、
分かっていてうまく貼れない時はやっぱり効果が薄い。

パートーナーと組んで貼りあいしてその効果を確かめながら、講座は進んでいったのですが、これじゃーダメだな~って思った時はやっぱりダメでした。

「見立て」はお医者さんに置き換えればどういう症状で、どんな病気かという診断になり、これが間違ってしまえば、それに対して「処方される薬」も間違ったものになります。

整体士としては「処方される薬」は「施術」になります。

原因は何か?

見立ては別に医者や整体士に限らず、ほとんど全ての事に対して重要な事だと思います。

今回の講師も「見立て」の重要性を話していました。

簡単にできればみんな苦労はしないんですけどね・・・難しい・・・ホント診る事は大事だと改めて思いました。



今回の講師の方の話はとても面白く非常に頷く部分が多かったです!
話がそれてしばしば脱線したのですが、話が分かり易く的を射ていて、もっと脱線して~なんて思っていました。
間違いなく2年前に来ていたら共感できなかったかもしれないし、今とは違う見方をしていたと思います。またそれを見越して先伸ばしもいましたけどね(←半分言い訳・・・)

でもでもホント得るものが大きかった講座でした。多分隣にいた人の5倍は得したという感じでした!
いろんなものが繋がり繋がって、新しい発見やアイディアが生まれました!

もちろん馬にも繋がり(リンクし)ました!
馬にキネシオテープ・・・そのうちやるかもしれません・・・!?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。