スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FRC定例会のお知らせ 

FRC定例会のお知らせです!
今度の定例会は知る人ぞ知る、夢☆大地グリーンバレーのボスが来ます!
一昨年のウマ科学会の学術集会の発表には興奮しましたね!
興味のある方はどうぞ!!

第106回 2008年6月17日(火)

テーマ: 「人が馬を活かし、馬は人を生かす」
~阿蘇の草原でホースセラピーに取り組んで~


講 師: 梅木 康裕氏 (夢大地グリーンバレー代表 NPOホースフレンズ事務局副理事 阿蘇市青少年健全育成市民会議会長)

時 間: 午後6:30~9:00
会 場: 新橋亭(しんきょうてい)新館 東京都港区新橋2-4-2 電話:03-3580-2211


参加費: 会員¥7,000 非会員:¥9,000(本格中華料理のフルコース付き)

※詳しくは
http://www.mmjp.or.jp/freedom/frame.html

スポンサーサイト

ホースケアセミナー続編に行って来ました! 

月曜日にアバロンヒルサイドファームで行われたシャロンさんの講習会の続編に行って来ました!

今回は消化システムの話から始まって、バイタルサイン(心拍数、呼吸数、体温、粘膜の色、歯茎の弾力性、腸音の確認、脱水症状・便・尿の確認)を実際馬を使ってみてみたり、後肢に発生しやすい故障と診断方法、馬体重計算の仕方、栄養学の話を色々と聞いてきました!

聴診器を持って心音を聞いたり、腸の動きを聞いて健康状態を推察したり普段やらないようなことをやって色々と勉強になりました^^

風のダドゥの映画に出てくる「ダドウ」は馬の心臓の音で、今回心臓の音を初めて聞いて、あ~こういう事なんだ~と初めて思いました!

この映画に出てくるゼンノカシューは阿蘇のグリーンバレーで育てられ、現在大阪市のホースフレンズ枚方牧場にてセラピー馬として活躍しています。

枚方牧場は、駅からは5分、日本で始めて内閣府とNPOが協力して作られた牧場で、馬はみんな阿蘇でナチュラルホースマンシップのトレーニングを受けてきた、とても良い子達ばかりです^^

僕は既にここで2日間のベーシック講座を受けました!
そしてこの夏3度目の訪問をしようと思っています!

この間1周年を向かえ、牧場の姿はどんどん変わっていっています。
これからがすごく楽しみな牧場です(^^)

機会があったらぜひ一度足を運んでみてください!

自分の体の使い方・認識について 

今日は自分の体の使い方・認識についてです。
某サイトの自分のコミュニティで書いたものをほぼそっくり添付しました。
ちょっと試してみて下さい^^


・・・・・・・・・・・・

自分の肩はどこにあるでしょうか?
腕を回してみます。
どこから回るでしょうか??

肩は鎖骨・肩甲骨を含み、腕は胸の真ん中からが腕が始まります!
腕を回すと肩甲骨ももっと大きく回るはずです。

自分の肩・腕の認識が間違っていると間違った体の使い方から、普段の生活にも影響が出て肩や腕の病気につながることもあります。

人間は無意識のうちに自分の体の中に地図を作り、地図が間違っていると、病気を引き起こす原因となったりします。

もしくは逆に間違っている地図を直せば病気にならずに済むし、パフォーマンスアップも期待できます。

アレクサンダーテクニックの中の「ボディマッピング」という物で、本でも出版されているので興味のある方は読まれると良いかもしれません^^

馬の世界において腰痛や肩こりなど体を壊してる方が多いかと思いますが、自分の体の地図を直す事によってそれが改善される可能性が出てきます。

肩こり・腰痛が原因で人間がストレスを貯めて、それが原因で馬に負担をかけたり、そのストレスの発散先が馬に向けられたりする事はだんだんと無くなっていって欲しいなと思います。

自分のちょっとした認識の違いが直る事で自分と馬への負担・ストレスが減ればいいかなと思います。

実際自分でも以前厩舎作業(藁・おが共に)やってみましたが、長く作業をしていた「後の疲れ具合」が違ってきました。クラブ・牧場内での重労働作業にも役に立ちました。

馬に乗る時も多少効果はありますが、あまりにもその部分にフォーカスし過ぎると、全体のバランスが崩れたりするので、乗る時には少し建設的に考える必要があります。

乗り方に関してはセンタードライディングと共に併用して読まれると良いかもしれないです。

もしかしたら長年やってるプロ・ベテランの方は経験の中で感覚的に体の良い使い方を習得していってるかもしれませんが、人によってはこれらの事が参考として役に立つかもしれないと思いました。

自分で紙に書いた人間の骨の絵全体(頭から足までの骨の絵)を見て、自分の手が腰までしか無くって、実際はもっと長いことに気づいた時、腕が少し長くなったような気がして少し解放された事を今でも覚えています。(実際指先が太ももまであります)

時にはホントほんのちょっとの違いが、積もり積もって、後で大きな変化となる事があります。

髪が毎日1ミリずつぐらい伸びていくのに気づかにように、人間の間違った体の地図もそうやって形成されたりします。

自分で体の使い方はあってると思って鏡を見たら曲がったたりもするし、思い込みも結構あります。

・・・・・・・


どうでしょうか??
けっこう意外と間違いだらけだったりして驚きますよ!
センタードライディングは2巻まで出てるので、興味のある方は読んでみてください^^

永遠のテーマ? 

「やりたくない事はやらなくていい、やりたくない事もやるようになる」

その意味は何なのでしょうか?

不思議ですね^^

ではではこれから文章に書くことを試してみてください!
もしかしたら分かるかもしれません。

まず最初にペットボトル、コップ、缶、何でもいいので用意して1メートルぐらい前に置きます。
(説明上ペットボトルを使います)

自分が座りながら目の前のペットボトルを取って、そしてそれを元に戻します。
そして次に、実際体は全く動かさないけどペットボトルを取ろうとします。
合図を出すので体は動かさずに、自分の中で何が起きているのかを感じとって見てください。


はい、ではやってみて下さい!
目の前のペットボトルを取って自分の手元に持って来てください!

どうでしょうか??
何か感じられたでしょうか??

ちょっとだけ動く、もしくは緊張して硬くなったと思います。
人によってその差は色々ですが、中には胸やアゴが動いた人もいるかもしれません。

ペットボトルを取ろうとした時の緊張というのはほんの少しで、時には何ミリの世界になるので、気づかない方もいらっしゃるかもしれません。
そして実際こういうことは生活の中で起こっていて、それが積もり積もって、体の癖となり、やがては病気の原因となったりする事もあります。

髪の毛が毎日1ミリぐらい伸びていても気づかないけど、2ヶ月たてば伸びた事が分かるのと一緒です。

人は意識して思うだけでも緊張します。
緊張すれば体が硬くなってしまい100の力を最大限に出せなくなります。

かなり力を入れた状態(硬くなった状態)から、またそこから力をたくさん出すのが難しいように、程度の差は違う物の、緊張して硬くなった状態からでは0→100の力を出せなくなってしまいます。
10→100、20→100という様に90とか80しか力を出せなくなってしまいます。

つまり意識しないほうがいい。やらないほうがいいという事になります。
自然の身に任せる事、無心でやる事、動かそうとしなくても体は動いています。

「答えは結果としてある」「答えをだそうとしなくてもいい」そうです。

例えば動かさなきゃいけない時に、動かさなくてもいいと言うのは矛盾している話でもありますが、
変にやろうとしなくても、体に興味があって普通にしていれば自然と出来るようになります。
このブログを読んでいる事も、実際試されてみた人も、興味があってそれをしているので、それをやろうとしなくても、自然と無意識の中に組み込まれていき出来るようになるので、やらなくてもいいんです。

やらなくてもやる事になるし、やらなくても出来るようになります^^

訳が分からなくなりますね(笑)

だけど、僕はこの最初の言葉にアレクサンダーテクニックの奥深さを感じました。
きっともしかしたらこれは永遠のテーマなのかもしれませんが、それを繰り返しているうちに、だんだんと良くなっていくのかなとも思いました。

卒業まで最低でも後3年半です。

ボチボチやっていきたいと思います^^

イムレさんのワークショップ 

先週の土曜日と日曜日にイムレ・トールマンさんによるコア・ムーブメント←アレクサンダー×野口体操×舞踏のワークショップに行って来ました!

丸2日間に渡って野口体操を中心とした体を使ったワークショップを行いました!
なかなか奥深いもので参加した人もいろいろ勉強になったことがたくさんありました!

特にイムレさんが2日間共ワークショップを始まる前に言った言葉、「やりたくない事はやらなくていい。やりたくない事もやるようになるから」が印象的でした!

この言葉を聞いた時、思わず「あ~納得」。

アレクサンダーテクニックに通じるものがあると思いました^^

そう、やらなくていいんです!
これからやろうとする事もやらなくていいんです。

どういう事でしょう?

次回また続きを書きますw

パントマイム 

この間は久しぶりにパントマイムのワークッショップに参加してきました。

去年何回か参加してとてもいいなと思っていてなかなか出来なかったのですが、今回機会があって都内の某スタジオにてパントマイムのレクチャーを受けることが出来ました。

パントマイムと言うと体を動かして壁とかロープとか言葉を使っていろいろ無いものを表現したりするのですが、なぜ参加したのかというと、体の動きに通じているものがあり、それがいろんな物に通じると感じたからでした。

僕が昔行った日本マイム研究所ではマイムの型-「壁」なら「壁」を練習するのではなく、いろんな動きの練習を通じて、マイムをするのに必要な筋肉を鍛えたり、柔軟性、表現力をつけたりするレッスンをしていました。

もちろんマイムそのものの練習もあるのですが、稽古の中には太極拳や踊り、バレエの基礎となる練習もしていました。
今回参加したワークショップにおいてもバレエの要素を含んだトレーニングがあり、恐らくインナーマッスルを鍛える為に行われていました。

先生はパントマイムのレッスンはバレエから派生したものなのかも知れないともおっしゃり、すなわちマイム→バレエ→乗馬の流れが垣間見えたワークショップでした。

乗馬はもともと古武術などの体術から来ていて、共に丹田、そして、インナーマッスル-腸腰筋や骨盤底筋などの深層筋郡がとても大事です。

マイムにおいても演技をする上でインナーマッスルを鍛える事が大事でさらには柔軟性も必要とされる為、高度なテクニックが必要となります。

マイムは馬に乗るための感覚も鍛えれるし、何よりやっていて楽しです。
ちょっとした宴会の席の一発芸となるならばもうやるしかありません(笑)

今回はマイム歩きの練習と、筋トレ、あと、風船をマイムで練習、あと一人一人自作のマイム劇場を5分間ぐらい演じました。

その場で考える時間がちょっと与えられて、即席でマイム劇をやりました^^
観客は3人ですが最初は結構恥ずかしかったです(><)

また機会があったら参加したいと思います。
どうでしょう?
皆さんも機会があったら一度体験さてみてはいかがでしょうか??(^^)

馬の違いから考える 

馬の違いは環境の違い、そこに携わる人間の違い。
国が変われば、馬変わる。

人間が住むそれぞれの国には文化や歴史があって、その違いが馬の違いを生む。

全く違うとは言わないけど、やっぱりその影響力はかなりある。

日本の土地は酸性で野菜を作るのには向いているが、牧草を育てる為にはちょっと大変。
元々の土に含まれるカルシウム含量が少ないから、カルシウムを土に混ぜてやるけど、雨で流れてしまう。

逆にアメリカやらヨーロッパの昔からの土地は雨が少なく牧草しか育たなかった。
豊富なミネラル分を含んでいて、家畜を育てるのにはかなり向いていた。


日本は今現在、馬の多くがサラブレッドとして生まれ、経済動物として見られているけど、外国に行けば家族のように扱われる。


日本語は母音が少なく、表現をする為にたくさんの言葉があるけど、他の外国の言葉(英語はアルファベットたった26文字)は日本のようにたくさん言葉はないけど、変わりに母音も含めたくさんの発音、そしてイントネーションがある。

日本語はどちらかというと平坦で英語にはかなり強弱があって馬には後者の方が伝わりやすい。


オーストラリアやアメリカは土地が広いので、その辺に行けば必ず馬がいるし、ヨーロッパはヨーロッパで、乗馬としての馬文化もあるし、比較的身近に馬がいる。


元々の根底にある物が違う。
考え方が違う。
環境が違う。

ヨーロッパは行った事はないけど、オーストラリアやアメリカにそれを確かめに行って肌で感じて来た事は間違いじゃなかった。

今でこそ競馬先進国の仲間入りをようやくしたけど、まだまだ日本は遅れてる。
国際化の波が徐々には浸透してきて、そして日本の社会の先行き、少子化を考えるとこれから馬社会がどうなるかと考える。

もちろん老人福祉、介護医療、ホースセラピーの分野が伸びて来る事は間違いないけど、良い馬が育つ為には時間もかかるし、その馬を育てる人が育って増えていくのにも時間がかかる。


そこに自分がどう関わるべきか・・・。

そして未来を見据え今どう動くかを考える。

馬の幸せとは? 

馬の幸せとは一体何か、皆さんは考えた事があるでしょうか?

彼らはどんな時に喜び、幸せを感じ、生きているのか?
馬が幸せになる為には僕達はいったいどんな事をすればいいのか?
馬の幸せとは?
馬に幸せになってもらう為にやれる事は何か?

どんな事を彼らは望んでいるのしょうか??

馬は元々大草原で暮らしていた野生の草食動物で、それが人間によって家畜化されました。
元々は広い所で走り周っていた動物が、人間によって狭い厩舎(馬の家)に閉じ込められ、自由に走り周る事ができなくなってしまいました。

部屋に閉じ込められて、自由にできない。
ストレスを発散する為に、暇つぶしの為に、いろんな事をしてみる(→悪癖の発生)
牢屋とまでは行かなくても、あの大きな体を持つ馬があの狭い厩舎にずっといる事はすごくストレスになります。
厩舎から出される時は人間にこき使われて、時には放牧に出される事もあるけど、それ以外は狭い部屋で過ごさなければならない。

馬と自分とを置き換えて考えてみると良く分かると思います。

3畳1間のアパートに外出が許されず、外出する時は労働の為、子供の肩車をする為に、毎日数十分。時には重い中学生を肩車したりして(笑)
ご飯と飲み物はあくまでも管理人によって支給され、窓から隣の人に挨拶できる以外はほとんど交流はできない。

人間の場合は寝てしまえば気を紛らわす事もできるけど、馬は1日2~3時間しか寝ないので、その状態で毎日ほとんど眠らないで過ごす。

皆さんは耐えられるでしょうか??

少なくとも僕には耐えられません(笑)
外から出たら、自由に動き回りたい、好きなもの食べたいって思います。

毎日外に出たら、人間にあーしろ、こーしろって言われて、仕方なくそう過ごしている。
なおかつ人間のストレスの発散先が馬に向けられ、馬が人間不信になり、人に対して、噛み付いたり、蹴ったりするようになる。

馬は何も悪くない、ただ自由に本能の赴くがままに過ごしたいだけです。

その為にも馬を良く知り彼らが望む事にできるだけ答えてあげる。
決して馬のワガママを通すのでもなく、自分(人間)本位の事を馬に要求するのでもなく、お互いにとっての良い関係性を気づいていく事。

「馬優先主義」が大事だと思います。

まずは馬の為に、相手の為に出来る事を考えて実行する。

それが馬の幸せに繋がっていくのだと思います。

レインボー・ラボ 

アレクサンダー教師であり、なおかつ僕の先輩でもあるYokoさんのブログです!

アレクサンダーテクニーク、バッチフラワー、サイレントウェイなどのレッスンをしています!

レインボーラボのラボはLaboratory=研究室で、自分の心地の良くする為のレッスンを紹介する研究室です!

今度ワークショップを行うのでぜひ興味のある方は参加してみて下さい!

※HPはこちら

続々・アバター 

信念にはいろいろな段階があって、もう気づいている信念、気づいていない信念、気づいているけど受けいれたくない信念など色々あります。

アバターは道具(ツール)の1種でそれを使って、自分の中の持っている信念を明確にし、それを解きはなったり、変えたりして、人生をよりよいものにしていきます。

自分の思っていたこと、考えた事が変わって、体も変わっていきます。

僕も受けた後はすごい開放感がありました^^
自分の中の制限がとれ、自由になれる感じがします!

もちろんこのブログを読んでそんなことはありえないと思えばそれまでです。
それ以上は何もおきません(笑)

勧誘してるみたいですね(爆)
僕も受ける前は少しはそう思っていましたが、信じて行動した結果そうなりました^^

それがこの間の大阪のイベントに行く結果となったのですが、信じて行動した結果そうなったと言う事でした。

前日の24時ちょっと前に東京から大阪行きを決め、次の日の9時に間に合う交通手段を見つけ
、飛行機のチケットもGW中にも関わらず取る事ができ、そして、トンボ帰りで大阪に行ってきました!

睡眠時間は1時間で帰りの電車は疲れきって爆睡でしたが、途中で諦めていたら、そんな経験は出来なかったと思います^^

もう1度は経験したくありませんが(笑)、行って良かったです。

「信じるものは救われる」
「病は気から」「病気は気の病」

間違いはないようです^^

えっと、そうそう、

イベントに行った時の話は・・・、

アバターの無料体験を受けると本を買う事が出来るのですが、その本に自分の考えをかいて行きそれを元に内容が進められていくので、関西、関東問わず、どこでも受けることが出来ます。

自分の考えを書くことによって又明確になり、新しいことに気づく事もあります。
気づく事の大切さを再確認したイベントでもありました。

イベントでは散歩したり、話したり、いろんな事を感じたり、・・・・なかなか深いものです^^

・・・・

今回もまったく文がまとまらなくなってしまいました><
言葉で表現できないのもありますが、「百聞は一見にしかず」だと思います。

あなたの「思い」が「想い」となって、信じて行動する事によって新しい扉が開かれます。
新しい扉を開く為にはすごく勇気がいります。
とても怖いものです。
だけどこの文章を読んであなたの好奇心がそれを勝るなら新しい道は開かれます。
子供は好奇心の塊です。
怖いもの恐れず、いろいろ経験して、大人になっていきます。
ちょっと子供に戻って冒険してみてはいかがでしょうか(^^)
きっと新しい世界が広がるはずです☆

続・アバター 

前回のアバターの話の続きです。
2時間かかったのに消えてしまった(泣)
もう一度トライです><

アバターの信念の話ですね。

アバターでは人は信じる事を経験するそうです。
信念体系というものがあって、たとえ何か物事が起こった時に、人は大人になるにつれて、感情的(タイプ)。常識的(タイプ2)、経験的(タイプ3)に判断するようになって、自分の中で制限を作ってしまい、逆に、(僕の解釈ですが)信じない事は経験できないそうです。

アバターのマスターと呼ばれる方たちはタイプ4の信念体系にあたり、たとえばマスターの人が「物事は全てうまくいく」という事を言った時に、タイプ2の人は常識的・経験的に否定し、タイプ3の人は科学的に証明が出来ないと否定しますが、タイプ4の人達は、理由も無く物事がうまくいきます。

何でか?っていっても理由もなく、そう信じて行動するからそうなるそうです。
タイプ4の人達は1から4まで自分の信念を管理し人生を統合していきます。


難しい話ですね。。


話題を変えます。

最近整体やアレクサンダーのクラス受けていて、自分の想いが→神経を伝わり、筋肉・骨を動かし、行動へと導いていく。
自分の想い・心と体は深く密接に繋がっているということをすごく感じていました。

・・・・・・

例えば、何かで落ち込んでいるときは、その人の想いが、背中にのしかかって肩こりや、腰痛を引き起こす。

そして、それが原因で注意不足になり、仕事をミスして、それを補うために体にまた負担をかけて・・・・悪循環になる。

自分の想いがすごく体に影響を与えてく。

他には例えば、太り気味でそれが原因で体に負担をかけいて、その疲れを癒すために整体やマッサージを受けに行ってもその場だけはよくなるけど、また数日立つともとに戻ってる。

実は運動不足だから運動をしなさいと言われていたのに、時間が無いからと言って運動もしていない、食事の管理もしていない、生活のリズムも不安定。

自分の非を認めず他人を攻撃する。
全てを守れば改善していくのにそれをやらない。
あの人が悪いだとか、あそこの場所は悪いだとか、この薬は利かないという。
自分の中の悪循環を見つけ、それを認め、それを改善していけば全てうまくいくようになる。

物が溢れ、生活が楽に便利になってしまったが故の依存社会。
何かに頼る事を覚え、自分のことを見ていない。

そんな事をずっと思っていました。
原因は自分にある。。。


・・・・

「自分が人にどう思われている」かというのは、実は「自分が思っている他人の思い」で、
実際他の周りの人はそう思っていない。
怖い、他人の評価。
被害妄想。

思いが行動を起こし、体の不調を呼ぶ。

・・・・・


思い(信念)を変える事によって人生を変えていく。
アバターとアレクサンダーはすごく似ています。



話にまとまりがありませんが、消えないうちにまた次回分に書きます。

アバター(知るまでのきっかけ) 

金沢より仕事からさっき帰って来ました!
しばらくほったらかしにしてすみません><
今までの事を少しばっかりしたいと思います。

まずアバターとは自己啓発(?)にあたり、HPを見ても分からない方も多いかと思います。
僕も最初話を聞いても難しくて何が何だかという感じでした。

無料体験に行ったきっかけは知り合いの整体士さんが一度受けに行って良かったと聞いていたことと、ある方から突然メッセージを頂いたことにより全ては始まりました。

その方はアバターのマスターと呼ばれる方で一般の人にアバターをレクチャー(?)していて、僕がスピリチュアルの事にすごく興味を持っていた事と、最近感じた事を日記に書いていてそれを読んで、アバターという物をメッセージで紹介して下さった事がきっかけでした!

それは誕生日の前でアレクサンダーのロビンの集中クラスを受けている時でもありました。
話を聞いていると、アレクサンダーと一緒の事をしていて、違う道を歩んでいるけど、登っている山は一緒だという感じがして、これは何かの縁だというのを感じ、なおかつ自分の中で誕生日から一気に流れが変わるという感じがしていたので、その紹介して下さった方と何回かメールやりとりした後、すぐに都内の無料の体験セミナーを受講しに行きました。

マンションの1室が会場だったのですが、まず最初に驚いた事は入った時の空気、いやオーラが違う事でした!
会場には、マスターが10人、一般の参加者が10人、計20人ぐらい10畳ぐらいの部屋にいました。
マスターの方はみんな親切でとても穏やかな感じのする達ばかりで、喋り方もそうだし、何か相手の心に平和が満ちているような感じがして、とっても不思議な感じでした!

ホント不思議で、昔経験したような、居心地のいいような、そんな感じがすごくしました。

何が起こるのだろう?
ちょっとワクワクした感じもありつつ、そんな中でアバターの信念の話は進められていきました。



次回へ続きます。

金沢へ 

明日より急遽金沢に行く事になりました!
今度はトンボ帰りではありません(笑)
仕事の応援なので仕方ないんですが、今日の2時ぐらいに決まりました!
今回は3泊です。
仕事を早めに終わらせて、用意してたら今度は知り合いの某会社のSVから電話があり、またまた急遽で飲みに行ってきました。
3時間ぐらいですけどね。

そろそろ落ち着かせて欲しいこの頃です(笑)
明日も早起きで行ってきます!

無事帰宅しました! 

無事帰宅しました!
思い立ってから24時間後!
1日だけのトンボ帰り!
疲れたけどとても充実した1日でした!!

昨日は仕事の後に去年勤めていた介護関係の派遣会社から交流会の話があって、それに参加していました!
たった2ヶ月しかいなかったのに、毎回毎回交流会にお誘いを頂いていてすごく嬉しいです^^

ほとんど初めてあう人たちだったけど、いろいろ話ができてとてもよかったです。
馬つながりもあって、昨日はとても良い1日でした!

介護と馬、福祉と馬、老人と馬、繋がってないようで、すごく繋がっています!
人間も馬の同じ動物。
相手を思いやる気持ちに形は関係ないんですね!
そんな話で昨日は盛り上がりました^^

大阪のアバターのセミナーの話はまた次に!
アップしようと思っていたのですが1時間格闘の末納得いかず消してしまいました(泣)
文章書くのは苦手です。
時々3~4時間かかる事もあります。

とりとめなの無い事ならいくらでもかけるんだけど・・・(笑)
疲れている時は、頭が働かないようです><
近日中に必ずアップします(^^)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。