スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つながり・出会い 

今年に入ってからあちこち関東・関西を飛び回ってますが、本当に思うのが人とのつながり、そして出会いは大切だなーと思います!

やっぱり、自分が行動した分、それだけ人に出会い、それから繋がりもでてくる。
一昨日は昔特別養護老人ホームで働いていた時にお世話になった派遣会社の交流会。
事情があってたった数ヶ月で卒業したのにも関わらず、今でも会社の人達とはつながりがあります。とてもよい所です!全然知らない人たちだったけど、とても楽しく過ごせました^^

http://www.hf-staff.jp/

そして昨日は六本木の乗馬バーにて馬の交流会。
僕の主催ではなかったんですが、たくさんの人たちが集まって、色々な話をしました!
最近mixiのコミュニティで馬のイベントが盛り上がっています!
きっと来月もやる予定なので、きまったらお知らせします^^

また11月頭には全国障害者馬術大会が控え、11月中旬にはリビング・イン・ア・ボディの講習会、後半にはアレクサンダーテクニックの京都のリトリート(一般の人たちが参加できる合宿みたいなもの)、関西の馬の交流会、

そして12月にも馬の学術集会馬の定例会があり、色々な人に知り合える機会が沢山あると思います。

これからどんな人に出会い、どんなことが待ち受けているのか?
今年は凄く大変だけど楽しい1年です^^

その他にも色々馬のイベントがるので僕のリンクより時間のある方はチェックしてみて下さい!
時間があったらまたアップします!

スポンサーサイト

リビング・イン・ア・ボディ! 

「リビング・イン・ア・ボディ」 LIVING IN A BODY が日本で初めて上陸します!!

http://ishitsuboat.blogspot.com/

アレクサンダーテクニークのロビンさんが提唱する体の使い方です!
普段僕達が生活している上で体への誤解って意外とあります。
誤解があると体の使い方が変わるわけです。
このリビング・イン・ア・ボディは解剖学的誤解を解き明かし、楽しく簡単にからだの事を学習し、そして使い方も変わるという素晴らしいワークショップです!

リビング・イン・ア・ボディは20時間の資格取得コースで、自然な
動きのための基礎的な解剖学の知識を、簡単に応用できる
実用的なものとして理解できるようカリキュラムが組まれています。

主に教師やインストラクター、医療従事者、パフォーマー、あらゆるレベルの競技スポーツの選手、
ボディワーカーを対象としています。(*事前の解剖学的知識は必要ありません。)


コースの修了者は、テキストブックや、コースで体験したアイデアやゲームをつかって、次の日からすぐに、ご自分の生徒やクライアントに身体に関する基礎的で役立つ情報を教えることができます。

このコースは、米国において20時間のCEUとして認定されています。

プロから初心者までどなたでも参加でき、どんな人でも使える物です。
この機会に是非参加してみてください!!

僕ももちろん参加です!今から楽しみです^^




<関東会場>
日時:2008年11月8日(土)~10日(月)3日間 (20時間)
 2008.11.8(土) 14:00~19:00
 2008.11.9(日) 10:00~18:30
 2008.11.10(月) 10:00~18:30

会場:志保バレエ ボディ コンディショニング スタジオ
    (渋谷より田園都市線で17分 鷺沼駅 徒歩3分)

申込:こちらのサイトから  http://liab.enlighten.jp/Schedule.html

早期申込割引期日:9月30日までにお申し込みの方は5000円割引となります

〆切:11月5日(水)


<関西会場>

日時:2008年11月14日(金)~16日(日)3日間 (20時間)
 2008.11.14(金) 13:00~21:00
 2008.11.15(土) 10:00~21:00
 2008.11.16(日) 10:00~16:30

会場:ドーンセンター http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
    (京阪/谷町線「天満橋」、JR東西線「大阪城北詰」駅下車)

申込:こちらのサイトから  http://liab.enlighten.jp/Schedule.html
早期申込割引期日:10月6日までにお申し込みの方は5000円割引となります

〆切:11月11日(火)


<料金> 60,000円 早期申込割引期日までに申込&振込の場合--→ 55,000円です!!!

ご報告 

最近忙しくてブログ放置してました。
スミマセン・・・(><)

ここ最近何をしていたかというと、
全日本障害者乗馬協議会秋季研修会に行ったり、
自分で主催の馬の勉強会や交流会を開いたり、
アレクサンダーテクニックの学校に行ったり・・・

だいぶ爆走していました(^^;

そしていよいよ整体師として本格的に始動するべく、今月からとある場所で週1回修行し始めました。今までは身内にやったり、勉強会に参加したりして、少しずつやっていたんですが、本格的に来年より何かの形で動こうと思っています。

本当ならば馬の仕事がしたいって昔思っていましたが、今ある馬の世界に悪循環を変えたい、人の喜んでる姿が見たい、色々な理由から、将来は直接的に馬に関わらなくても、整体師として間接的に馬に関わっていこうと思っています。

もちろん体のケアや動き方の指導の為に多少なり馬に乗ったりすることも必要なので全く0にはならないけど、将来的に馬に関わる人が増えてきた時に、自分はその人たちをサポートできるような立場になれればいいなーと思っています。

やる事たくさん!

これから一つ一つ頑張っていきたいと思います!

後、遅くなりましたが、交流会そして勉強会に参加された方々お疲れ様でした^^
また機会があったら開きたいと思っています!

宜しくお願いします(^^)

第2回馬の交流会(関東)&勉強会(ミニワークショップ) 

第2回馬の交流会(関東)&勉強会(ミニワークショップ)開催のお知らせです!


☆勉強会

「意識が変われば体が変わる」

~アレクサンダーテクニック・パントマイム・古武術の発想から馬術への応用を探る~

ちょっとしたゲームを通したりして、日々の生活動作を楽にしたり、今までと違った体の使い方、馬に乗る時にどう応用していくかをみんなで探っていきます。

インナーマッスル、右脳・左脳・意識の使い分けがどう体に影響を及ぼすか?色んな分野の共通点から自分の体に対しての意識や認識を高めます。パントマイムの練習法や甲野善紀
氏の身体操作法からの応用、センタードライディングの元になっているアレクサンダーテクニック、その中のボディマッピングなどを紹介できればと思っています。


日 時:2008年9月20(土) 16:00~

場 所 :角筈地域センター7F 和室(新宿)

都庁前[A4] (9分)
西新宿五丁目[A1] (10分)
JR新宿南口(約15分)

http://www2.odn.ne.jp/~hak35040/

参加費 :2000円  (障害者乗馬関係者:1000円)

持ち物:動きやすい服装

参加人数:10~12人まで



☆交流会

日 時:2008年9月20(土) 19:00~22:00

場 所:居酒屋ぼんず(新宿)

http://r.gnavi.co.jp/a151300/

集合場所:現地集合(お店の前)

参加費:5000円  (障害者乗馬関係者:4000円)

参加人数:20人まで


※勉強会で希望があれば今回の始まる前か、今後の勉強会で、ナチュラル・ホースマン・シップ(販売されてるもの)のDVD、J・F・ピニョン氏のビデオ(自馬講習会時のビデオも)、トリックホースのDVDなど見ても良いかなと思っています。希望があれば対応したいと思います。

旅-② 

岐阜へ行った次の日の朝京都を出発して大阪の枚方市にあるホースフレンズ枚方牧場へ行って来ました!ホースフレンズは内閣府に承認されたNPO法人として枚方の駅前、徒歩5分の所に役1年前に正式にオープンしました!

駅からとても近く、すぐ隣には病院、そして裏に行くとすぐに川が流れ、なんでこんな所に?という感じの場所にあります。

アクセスが非常によく近隣の人たちにとても馴染みやすい牧場として徐々に広まってきています。

僕はここがオープンする前から知っていて、ここのホースセラピストの講座を受講しに2回ほど足を運んでいます。全国各地から反響があり関西はもとより北海道や沖縄からこの講座を受けに今まで来ているそうです。

僕が受けたのは旧ベーシックコースで、受講し、何回か規定の補充実習プログラムを受けると今度はプライマリーコースを受けることができ、プライマリーになるとボランティア参加するといくらか給料
が出るそうです。

講座を受けた後なかなか関西までボランティアしに行くのは大変で、前から岐阜には行く予定だったので、今回は馬の交流会を主催とあわせて、ホースフレンズに行く事にしました!

僕がここに注目しているわけは、馬の環境としてかなり良いということです。

駅前という事もあるんですが、政府がバックにつき、有名企業がスポンサーについているので、障害者乗馬の活動を行っている団体の多くが資金的には苦労している中、そういった面でかなり優遇されています。(普通の乗馬クラブも含めて)

日本では乗馬はもとより障害者乗馬もそんなに広く認知されていないので、まだまだ医療分野としても海外と比べるとかなり遅れているし、日本の馬の流通状態、国土の面積の狭さから馬を飼うためのコストパフォーマンスがかなり高く、近くに馬がいるだけでもいいと言った場合があります。

バックがあって、良いものを提供し続け為にもやはり経済的支援も重要だと思います。

枚方の馬場に使われているコーティングされた砂は水をはじく為(?)、雨が降ったあと、馬場上に川ができ流れていき、馬場が普通のと比べてぐちゃぐちゃにならないようになっています。そして砂は普通風で飛散して行きますが、この特殊な砂によってそれが防がれていて、その砂を導入できたのも、やはりバックがなければできなかった事だと思います。


そして次に、後、何よりも環境として注目したいのは、あのナチュラル・ホースマン・シップの調教を受けてきた馬たちがいるということです!

ナチュラルホースマンシップ(PNH)というのは馬の習性や行動を利用してコミュニケーションを取っていく方法で、昔ながら基本的な人と馬とのコミュニーションの方法を具体化しプログラミングしたものです。

馬の肉体面、感情面、精神面を見て調教し、障害者を乗せる馬を作るのにはとても有効な方法だと思います。

もちろん乗馬をする人でも馬に乗るよりか世話が好きな人でもPNHは人と馬とのコミュニケ-ションを築く上でとても素晴らしいものです。

馬の先進国では馬のメンタルの調教を取り入れ、日本で活躍している調教師の多くは海外に渡り、馬のメンタル調教を取り入れています!

一昨年の日本ウマ科学会の学術集会でも取り上げられ、PNHを取り入れいる牧場は大きな成果をあげています。

メンタル重視なので人すごい良い馬ができます!
日本ではまだまだなじみがありあせんがとても素晴らしいものです!

今月末には1年で唯一の関東でのホースフレンズの講習会が開かれます。
もう募集は締め切られてしまいましたが、機会があったら来年もしくは関西に行かれると良いと思います^^

映画「風のダドゥ」に登場したゼンノカシューも枚方にいます!
良かったら遊びに行ってみて下さい!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。